フコイダンとは何なのか〜その効果も含めて

subpage01

フコイダンは、ワカメや昆布などの海藻類の表面を覆っているネバネバを構成している成分です。


その正体はフコースと言う糖を主体とした多糖類で、水溶性食物繊維に該当しています。
海藻類が生息している海岸や海中は、非常に厳しい環境です。その中にあって海藻類が生息できているのは、これによるところが大きいと言われています。このことから、最近では人間の体に対しても良い作用をもたらすと言うことが明らかにされており、様々な健康食品などに使われることも多くなっています。


まず免疫力を高める効果が、フコイダンには期待できるとされてます。

人間の免疫力に深く関係しているのがナチュラルキラー細胞と呼ばれる細胞で、これはガンやウイルスなどの病原菌などに感染した細胞を攻撃する役割を持っています。

フコイダンには、このナチュラルキラー細胞を活性化させる作用があると言われています。

フコイダンに関するアドバイスです。

このことから様々な病気の予防、改善にも良い影響をもたらすとされています。

あなたにぴったりのNAVERまとめ情報選びを親身になってアドバイスいたします。

それから胃の健康維持に対しての効果です。
胃の健康を脅かす存在として大きいのが、ピロリ菌と呼ばれる菌です。このピロリ菌は、胃の硫酸基に付着する性質を持っています。


しかしフコイダンが胃の中にある状態だと、ピロリ菌はそちらの方に付着します。このことによりピロリ菌が胃に付着するのが予防され、胃の健康が保たれやすくなると言うことです。更に水溶性食物繊維であることから、腸内で水分と共にコレステロールや糖質を抱え込み、排出する作用も期待できます。



その結果、生活習慣病の予防に対しても、フコイダンは良い影響をもたらすと言われています。
勿論、食物繊維ですから便通の改善や腸内環境の改善にも、作用はもたらされます。